今週は九州に来ていましたっ!
今週は九州F県K市にある、某シネコン様のご依頼を受け、音響再調整に来ていました。

京都から片道700km、およそ8時間の長旅。
今回の車移動は、先日来からオーディオの取付けをしたスペーシア号!!

車は新車なので当たり前ですが、すこぶる快調っ!オーディオもバッチリで、楽しくドライブ出来ました。
また気になる燃費も、高速道路移動で20km/L走ってくれるので、スマート号とほぼ同じ!(流石ハイブリッド効果でしょうか?!)
これからは、荷物も沢山積めるし、4名まで同乗してもらえるので、このスペーシア号が出張の際は多用されるかも?!(スマート号はハイオクなのに対し、スペーシア号はレギュラー指定なので、お財布にも優しいですしネ!?)

京都への戻りは、夜勤明けで700km一気に走るのは、ちと辛いので、福山辺りで一泊して帰ろうと思います。

製造工場でお土産を買おう!シリーズも、製造工場では無いものの、本店で購入!!



オススメのお土産物って、何があるんだろう?とホテルのフロントで聞いたら、う〜んラーメンとか、お饅頭?!あと黒棒ですかねぇ〜?!との事。
黒棒って、あのカリントウみたいな、硬い黒糖の付いた奴ですか??!(コストコで、50本近い袋詰は、我が家の定番ですが…)
九州なのに、沖縄県産黒糖を使った筑紫路っていう高級バージョンがイチオシ!との事で、その黒棒をコチラの黒棒本舗で買いました。
黒糖を使ったお饅頭も、かなりオススメらしいのですが、日もちがしないらしく残念ながら、あえなく却下…。

お仕事の方は、映画館劇場本社の方達に試写試聴してもらって、満足頂いた様子。

それが一番で、何よりです!!
| 音響職人 | ひ と り ご と | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
カーオーディオ調整 梅コース!
今日はスペーシアで、カーオーディオ調整の梅コースも試聴可能なように、作業しましたっ!!



梅コースはシングルマイク調整になるのと、個別にスピーカー各々の調整が出来ません。基本トータルで音程の調子を合わせるしか出来ません。
ナビ等の音質調整機能も同じなんですが、大雑把に触るだけのナビやデッキとは違い、KaiserToneというアプリを使えば、プロセッサを使った調整と同じレベルで細かく合わせる事が出来ます。

一つ注意点としては、CDからiTunesを使って入れた物や、iTunesで購入した楽曲は、このアプリで流す事が出来るのですが、AppleMusicやクラウドを使った楽曲(ラジオを含めて)は、このアプリでは再生出来ませんし、また必ずこのアプリで再生する事が条件となります。



上のグラフが、プロセッサを使わない状態に近い、設定時の特性となります。
低音にピークがあるのと、ボーカルの中低音辺りが盛り上がっていて、高音部分も結構上がってしまっています。



コチラのグラフは調整後の物となり、低音部分は先述した通り、ロードノイズ等を加味して、少し上げていますが、だいたい平坦になったのでは無いでしょうか?!

盛り上がった所は、もちろん大きく聴こえるんですが、上がった所に聴覚のフォーカスが合う事で、その周辺の音はマスキングされてしまい、高音部分等は、綺麗に伸びて聴こえないんで、カットした方が逆に高音も聴こえて来ます。(人間の耳って不思議ですよねぇ〜)

調整前の音は、なんかモアモアしていたんですが、調整後の音は、スッキリ聴こえます。

もちろんプロセッサを使って、キッチリ合わせた音の方が、より定位もあって、気持ちイイんですが、音程を合わせるだけでも随分と聴き易くなりました。

コチラの調整は、iPadとマイク用のインターフェイスを使用していて、割と簡単にセットアップ出来るので、作業時間としては約1時間程度で、ユーザー様に試聴頂けると思います。



試聴環境に限定はありますが、スピーカーを含め全てノーマルのまま、調整するとどんな音になるのか?!も、簡単に確認出来ますし、興味のある方は、是非ご依頼下さい!!
| 音響職人 | カーオーディオ | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
カーオーディオを音響屋さんに聴いてもらう!


先日からシリーズで紹介していた、スペーシア号のカーオーディオっ!!

昨日、プロの音響屋さんとご一緒する機会があって、同乗して頂いた際、ほんの10分程でしたが、オーディオを聴いて頂きましたっ!

SACDやハイレゾ音源じゃ無く、普通のGooglePlayMusicやネットラジオで聴いて頂いていたんですが、第一印象としては、軽自動車とこのオーディオの音が、違和感一杯やっ!!との事。
またオーディオにお金をかけましたぁ〜!!っていう、ハイエース等の音とも、異質に違う!?という感想を頂きました。

プロセッサの機能を説明すると、そんな事が出来る車用の装置がある事にビックリされていました。(私が最初に、これらのプロセッサを知った時と同じ想いで、そこまで出来るなら、触ってみたいっ!という欲求から、当AMPのデモカーも今回で3台目となりました)

別の方(コチラも音響屋さん)は、耳障りな音が無い事に、デフォルトでこの音なら、何も不満は無いし、いろんな人に聴いてもらえる機会があって、機材や取付,調整技術料含めて、数十万円も掛かる訳じゃ無く、10万円〜15万円くらいで出来るなら、価格以上の価値があると思うし、アリなのでは?!との事。
取り合えず、聴いてもらわないとネ?!との事。

う〜ん!?そこなんですよねぇ〜?!
沢山の人に聴いてもらえる機会が無くて…、自動車整備工場の方で、興味を持って頂けた方もいらっしゃるんですが、やはり実際にコノ音を聴いてもらわないと、いくら言葉や文章で説明しても、伝わらないんです。

私はプロの調整屋さんですが、コンサート等ステージ音響がメインのプロ音響屋さんにも、貴重な感想も頂けたし、今の状態で一旦試聴期間に入っていますが、コレでもボチボチ良いのかも?!と、ちょっとだけ自信につながりましたっ!!

少し気になる部分が無い訳じゃないので、もう少し調整を煮詰めて、更なる高みを目指します!!

今回のシステムは、簡単に調整前の音に切り替え出来るので、iOSアプリを使った梅コースの音も聴いてもらえる様に、しようと思っています。

また梅コースの調整をする際には、調整風景も撮って、記事にしたいと思うので、しばらく待って下さいネ!?
| 音響職人 | カーオーディオ | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
家用でテモカーっ!!(9)
令和元年になった直後から始めた、スペーシアのカーオーディオ取付けが、お友達にもお手伝い頂きましたが、自施工でようやく終了しましたっ!
あれから、またプロセッサの不具合で、音が出たり出なかったり…。
ホント触らぬプロセッサに祟り無しっ!て感じで、突然出なかった音が出るようになったりで、結局何が悪かったのか?!もサッパリ分からない感じ…、なんか腑に落ちないんですが、やっと完成しました。(したんじゃ無いかナ?!)

今回リアスピーカーや、プロセッサ等も交換しました。

前回写真を撮るのを忘れてしまったリアスピーカーは、こんな感じです。
アウターパネルに制振シートを貼っています。





リアスピーカーを取付けるには、後ろ側の内装内張を総バラシにしないと、アクセス出来ないので、結構大変です。

本日、音響調整やレベル設定を正確に合わせましたっ!!
(リアスピーカーの調整前と調整後の特性は、こんな感じ…)





リアスピーカーは、エンジンの排気音があるみたいなので、低音部分が結構上がってしまいますが、こんなもんじゃ無いでしょうか?!

サブウーファーのレベルと、プロセッサのメインボリュームも、リモコンで簡単に操作出来るので、とても便利になりました。(あまり触らないんですが…)
また、音響調整前と調整後の切り替えもリモコンで出来るので、簡単に比較試聴も出来て、当AMPのデモカーとして活用するには、とてもイイ感じで運用出来そうです。

調整についての補足ですが、シングルマイクの音響調整だと、マイクポイントで、結構特性の出方が変わってしまうので、上手く行く場合と、そうでない場合が顕著に出てしまいます。
その為、ポジションを変えながら、何度か試聴と調整を繰り返さないとダメなんですが、3本のマルチマイク調整だと、大方一度の調整で、上手く行く事が多いので、やっぱり松コースがおススメです。

もう質問も無さそうなんで、この回(9)で「家用でデモカーっ!!」シリーズの記事は終わりにしたいと思います。

ホント百聞は一聴にしかずなんで、機会があれば、一度聴いてみて欲しいです!

値段を掛けただけの価値があるか?!無いかは人それぞれですが、車で音楽を聴くのが楽しくなる事は、間違い無いかと思います。(フロントスピーカーのみだと、今回の当デモカー程の金額は掛からないので、ご検討される際には、一度相談下さい)
また今回、私は貧乏なので、ヤフオクの中古品を物色しましたが、ホントに動作するか?!分からないし、結局無駄にした買い物もあって、何より作業的に重複するので、あまりおススメ出来ないです。

一応最後に、今回の機材を紹介して終わります。

ナビ Kenwood MDV-D405BT
フロントスピーカー ALPINE DLC-176A
リアスピーカー ALPINE DLS-178X
サブウーファー Pioneer TS-WX120A
フロントアンプ Pioneer GM-D1400II
リアアンプ Kinter MA-150
プロセッサ Audison BitOne
キャパシタ Waves 3.0F
バッテリー直ヒューズブロック
スピーカーケーブル MOGAMI 3082
バッテリーケーブル 5.5sq黄色

シリーズに長々とお付き合い下さって、有難うございましたっ!!
| 音響職人 | カーオーディオ | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
家用でデモカーっ!!(8)
このシリーズは(7)で終わりと言っていましたが、ナビの音質調整機能はどうなっているのか?!と質問があったので、(8)として追記します。

ご想像通り、ナビの音質調整機能は一切使っておりません。





サウンドライザーとかリアライザーとか、私にも理解不能な機能があり、それらは全てOFFにしています。

ナビの音質調整機能を、チョコチョコ触る方も多いかと思いますが、音響調整されたカーオーディオは、ほとんど触る事が無くなります。
基本ボリューム操作だけで、小音量で聴く際にラウドネスボタンを使う時があるぐらいです。
もちろんiPhone等にあるプリセットEQもフラットになっています。

何がJazzで何がDeepなのか?!サッパリ分かりませんが、音楽ジャンルが何であれ、基本それらを触らなくても問題無い音質で聴けています。

強いて言うなら、調整後にサブウーファーの音量を少し上げた方が気持ちイイなら上げるし、低音に対して高音が少しコモって聴こえているならサブウーファーを少し下げるだけです。(ロードノイズの加減で、低音は若干のアジャストが必要です)
ただ一度決まってしまえば、それらも触る事は、ほとんど無くなります。

ネっ?!とっても便利でしょ?!

また、音響調整技術料についても、質問がありました。
技術料はAMPカーオーディオ調整の松コースは、3万円となりますが、松コースには、1回分の無料再調整が付いています。(音響調整後、納得して帰ったんだけど、どうしても気になる音がある?!とか、スピーカーが新品の時に調整して、エイジングが進んで、最近音が変わって来たと感じる。またサブウーファーを追加したので、再度調整して欲しい等には対応出来ますが、システム丸ごと変えたり、違う車両に機材を入れ替えた場合は、適応外になります)
プロセッサを導入したけど、シングルマイクの調整と、再調整は必要無い方なら、2万円の竹コース。
iPhone限定ですが、プロセッサも導入無しで、アプリ内のみでシングルマイク調整する、1万円の梅コースがあります。(アプリ代は別途必要。「KaiserTone」ってアプリです)
機材もアプリも使わないで、ナビの設定のみを適正にする場合も、梅コースになりますが、変化が分かり難いので、あまりお勧めしません。

どのコースも技術料だけですので、出張が必要なら、規定通りの交通費と出張料が別途掛かります。
また、どのコースも機器の取付け等は含んでおりませんので、自動車整備工場さんやオーディオ取付けショップさん等で、取付けは済ませて来て下さい。(お使いになる機材を教えて頂ければ、配線や設置等の相談は、無料にて受け賜わります)

新たに調達したリアスピーカーも先日届いたので、近々取付け出来れば、シリーズを(9)まで延ばそうか?!とも考えています。

追加記事については、もう少し待って下さいネ?!
もう他に質問ありませんかネ!?
| 音響職人 | カーオーディオ | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/127 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ