S市I邸ホームシアター
今回、S市のI邸様から御依頼を受け、ホームシアターの設計と設置及び、音響調整を施しました。

最初にお話を聞いたのは、かれこれ昨年の4月頃の事でした。
ご自宅を新築される際に、ホームシアターの専用ルームを作りたい!との事。
お部屋の寸法を伺った所、横幅6.4m,奥行き7.5m,天井高5.4mとの事。
いろんなオーディオ店やインストーラーに相談されていたようですが、コレっ!といったプランが出て来ないので、AMPさんだったら、どうしますか?との事。
寸法的には、まさしく試写室レベルの広さはあるので、映画館並みのシステムをご提案!!
すぐさま、プランを煮詰めてご提案を!との事でスタートしました。

遠距離だったので、少し躊躇した物の、地元の施工業者さんも知っていたので、お受けしました。

スクリーンはスチュワートの170インチの物をお持ちとの事で、そのまま移設するとの事でしたが、途中から200インチのシネマスコープサイズのスクリーンを新設する事になったり、視野角の関係から、床を階段状にしたい!等、紆余曲折ありながら、スピーカーレイアウトと、システムを構築!!
AVアンプも、当時発売前の物だった事もあり、調査しながら進めました。

結局、フロントL/C/Rは3wayトライアンプのシネマスピーカーを設置。
サブウーファーも、18インチが2台入ったシネマ用!
サラウンドスピーカーは、サイドに2台づつとバックに2台!(全てシネマ用スピーカーシステム!)
Atmos用トップスピーカーは、同ブランドのペンダントタイプのスピーカーを6台設置する事に…。

AVアンプの音質調整機能は一切使わず、マニュアルで全てのスピーカーや、フロントスピーカーのクロスオーバーが設定及び調整が出来る様に、デジタルシグナルプロセッサを導入!!
パワーアンプも業務用の物で駆動させています。



スピーカーはスクリーンを付けてしまうと見えないのが残念ですが、かなり大きいです。



視聴エリアはこんな感じ!
スピーカーレイアウトは、DOLBYさん推奨の位置と、ITUに準拠!!



スクリーン側はこんな感じ!!



アンプラックも、これだけアンプが入ると壮観です!!


調整後にチェックして頂きましたが、とにかく爆音でも、難なくこなすシステムに満足頂けた様子で、試聴会を行ってもらっているそうです。

設計事務所さんも、あまりの爆音にビックリされた様子で、初めての感覚だった!との事。
映画館では、同じくらいの音量が出ていると思うのですが…。

とにかく喜んで頂けているなら、AMPとしては最高に嬉しいです!!
| 音響職人 | AMPが調整させていただいた仲間なお宅 | 15:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
東広島に来ました。
今週はティジョイ東広島の音響機器更新に伴う、音響調整依頼でやって来ました。





全6シアターあり、1シアターを除いてBOSE社のスピーカーが採用されています。(メインシアターはJBL!)

広島は京都より寒いのか?!それとも今週が異様に寒いのか?!
毎朝劇場さんを出て、車に戻ると車はこんな感じになっています。



もうカチンコチンに凍っていて、フロントガラスの氷を溶かすのに、15分程デフロスターを全開にして、ボチボチ見えるようになってから、おもむろに出発っ!!

取り合えず今晩、全シアター最終確認してもらってから帰京しますっ!

この出張が、今年最後のお仕事になりそうです。

帰ったら年賀状をそろそろ作らないと、奥さんやお婆ちゃんに怒られそうです。
| 音響職人 | ひ と り ご と | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
モバイルルーターを契約した。
娘のiPhone6Sが調子悪いとの事で、8を買わされた。
当家はauで家族全て契約しているのだが、その時に新しい料金プラン等について結構調べて、分かった事を少し...。
11月3日にiPhoneXが発売になり、予約された方も大勢おられると思う。
機種変更する際に、プラン変更も同時にされる方も多いかと思う。

そこでauの新料金プランについて、機種変更される方は、旧プランの方がお得になるケースをご存知だろうか?!

ある条件によるのだが、2年後や2年以内に今使っているiPhoneを下取りに出して、新しい機種を持つ!という方は、新プランの方が得になるケースもあるのだが、我が家の場合、娘の携帯は奥さんに渡して、娘が新しい機種を使うというパターンだと、下取りに出せない。
そんな場合は、結局買取りになるので、24回払いのローンになる。
その時、旧料金プランでは新しい機種に変更した場合、毎月割という機種に応じた割引が適用されるのである。
新料金プランは一見安く見えるのだが、結局は旧プランの方が、24回払いの合計金額は安いのである。
ソコ!落とし穴なんで、プランを吟味される事をお勧めする。

話はズレたが、今回モバイルルーターの契約先を新たに変更した。

あまり聞き慣れない会社だが、「FujiWiFi」という会社。



コチラのルーターは、レンタルなんで解約時の違約金等は一切発生しない。
また最近流行りの格安SIMと呼ばれるスマホやルーターは、WiMAX2という電波枠を使用しているのだが、コチラはSoftBankのLTE回線を使用している。
しかも容量の制限が無いのである。
ちなみに無制限の場合は月¥4,480-掛かるので、決して安くは無い?!
格安SIMの場合、ギガ放題といっても3日で10GBの制限があって、最大月当たり100GBの高速回線が使用出来るが、結局はWiMAX2の枠なので、3大キャリアが持つLTE回線とは、スピードもエリアも安定性も段違いに良ろしく無い!
LTEが使用出来る契約もあるが、そちらはだいたい7GBの制限があったりする。

元々持っていたモバイルルーターは、使用頻度が少ない事を見越して、結構安い3GBの契約をしていて、それでも月¥1,000-近い料金が掛かっていた。

そこで、スマホの料金プランを見ると、月20GBの契約で、¥6,000-掛かっているので、コチラをミニマムにして、新たにLTE回線無制限のこのルーターを持ち、スマホもこのルーターに常時接続すれば、上記の料金が出せるのでは?!と考えた訳である。
ちなみにドコモの携帯を契約されている方は、カケホーダイだけ残して、SPモード毎データ契約を切る事が出来るみたいなので、携帯のメールアドレスは無くなるが、丸々最小データ契約に掛かる¥3,500-と¥300のSP接続料もスッキリ無くなる。

そこまでしなくても、もし一人暮らしの方で、家にもネット回線の契約をしている方なんかは特に、家のネット回線も解約してしまって、スマホの容量もミニマムに契約し直し、コチラのモバイルルーターにネット接続は一本化すれば、外でも家でも快適なネット環境が構築出来るし、容量も気にせずタブレットやパソコンも外で使えるので、かなりお得になるのでは?!

という事で、今回分かった事であった。
| 音響職人 | ひ と り ご と | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
H様 アルファードの音響調整!
H様のアルファード。
ALPINEのナビ装着車で、カーオーディオのグレードアップ依頼を受けました。
フロントスピーカーは御自身で装着!かなり良くなったとの事で、更にグレードアップするには?!との御依頼!
リアスピーカーはボチボチで良いのだが、フロントスピーカーはちゃんと鳴らしたい!とのご要望。
ナビに付いているPEQの調整も試みたんですが、流石に限界があるので、結局プロセッサの導入をご提案して、音響調整する事に...。




MiniDSP 2×4というプロセッサをご提案!
j tezori 様が日本の代理店をされている商品で、カーオーディオ用では無いのだが、プラグインソフトを使って細かな調整を可能にする物!!

サクッと配線して、車内に測定用マイクを立て、PCを使って音響調整!!





サブウーファーも既に装着済みで、超低域までレスポンスはある物の、やはり100Hzや80Hz辺りに強烈なピークがあり、ボンボンしてる感が否めない。
その為50Hzから下だけの音を出す事の出来るフィルターが付いているのだが、それだとフロントスピーカーの帯域と重ならないので、結局イコライザーする事になる。

調整している所をH様も側で見ておられたが、とても素人では無理!!との事。
音響調整後、カーオーディオ用電源(12V直)からプロセッサの電源を取っていたのだが、少しノイズが出るとの事で、USB口からのバスパワーに変更!

配線も一通り終了して、プロセッサをお片付けして、いざ試聴!!

耳に刺さる音が無くなって、全体的な音がキッチリ出ている感じ?!との事。
流石に依頼しないと出来ないし、良かった々とご満悦の様子!!

今まで御依頼頂く車両は、小さい車が多かったのだが、今回はアルファードとの事で、大きな車もやっぱり音響調整は必須?!

気になった方は是非御依頼を...!!
| 音響職人 | カーオーディオ | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
クラウドファンディング
はじめてクラウドファンディングとやらに参加してみました。
LEVI-SOUNDとやらで、空中に浮遊するスピーカーとの事。
面白そうなので、初参加です!!
磁石を使って浮遊させる単純な物なんですが、見ているだけで癒されます。
第一印象は、なかなかキンキンした音?!という感じだったので、早速特性を測定し、ちょっと調整してみました。



やっぱり3.15kHzがかなり出しゃばってたので、ガッツリ下げて、高域を少し補正し、800Hzと1kHzを少し整えたら、かなり聴き易くなりました。



EQ補正は、得意のKaizerToneというiOSアプリを使って30BandEQ!

浮遊する様子は、YouTubeから動画を確認してもらえたら?!と思います。

欲を言うなら、折角磁石のベースがあるので、そこにサブウーファーを入れて、低域を追加して頂けると、もっとイイ感じで鳴ってくれると思うのですが...。


↓↓YouTube動画はコチラ↓↓
https://youtu.be/-bOVPeEhj_U
| 音響職人 | ひ と り ご と | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/122 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ