<< 映画館のスピーカ3。 | main | 映画館のスピーカ1。 >>
映画館のスピーカ2。

 



 この15Aという「ROXY」ホーンには、WesternElectricの555というコンプレ
ッションドライバー(早い話スピーカの音を出す部分)が搭載されていた。
 アメリカでは当時最大級な電機メーカーが、WesternElectric。

 このブランド名が出て来たので余談を一つ。

 当時、Lansingという名前でスピーカを作っていたJBLさん。
James Bullough Lansingが正しい名前なんですが、本名James Martiniさ
んです。(James以外は何も合ってないです 笑)
 Bulloughは幼少期、お世話になった叔父様のミドルネームを付けて、最後
のLansingは、どこかの都市の名前で、響きが気に入って自分の名前にした
のでは?と伝えられています。

 このJBLさんの評判を聞いたWesternElectric社が、当時メンテナンスを専
門に請け負っていた同系会社、ALL Technical Serviceという会社に引き抜き
オールテクニカルを略してアルテック、それにランシングさんの名前を付けて、
あの有名な「ALTEC-LANSING」となります。 (古い話なので、解釈は人それ
ぞれに違います。間違っていたらゴメンナサイ)

 アルテックとJBLは親戚だ!?とか言う人もいますが、実は同一人物なの
です。

| 音響職人 | 映画館の歴史(音響編) | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://info.amp-kyoto.com/trackback/20
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ