<< 音の同期。 | main | 拡散反射トラップ。 >>
映画の歴史。

  映画は、その昔、活動写真と呼ばれていた通り、人が生み出した動く映像
装置だった。
 最初に作った人はトーマス・エジソン。
Kinetophoneと呼ばれた暗室の箱の中にフィルムが入っていて、その中を覗
く形で観る事が出来た。 1895年の事である。

 映写機の原型になったのは、それから約20年程経った1914年頃、Kineto
scopeと呼ばれた機械が開発される。
 もちろん当時は音と同期が取れた物では無く、蓄音機による音楽や音声と
一緒に楽しんでいた。

| 音響職人 | 映画館の歴史(音響編) | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://info.amp-kyoto.com/trackback/23
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ