イヤホン。

0
    元々米国「SHURE」や「AKG」の日本国内輸入代理店に勤務していたので、イヤホン(特にSHURE製の物はEシリーズ〜SEシリーズに掛けて)は沢山試聴して来たし、自身で所有していた物も多かった。
    音関係の仕事に従事しているとあって、スピーカはもとより、こんな小物にも物欲が走る・・・。

    今回紹介する物は、中国製のイヤホンである。
    とは言っても、中華製というだけで無く、中国ブランドのイヤホンである。
    ブランド名は「Xiaomi(小米/シャオミ)」という、携帯電話端末を主に製造しているブランド。
    振動板が「ベリリウム」という文言に反応してしまい、いざ購入っ!!
    一昔前はTADやGauss等のコンプレッションドライバーに多く採用されていた素材っ!!(製造過程で有害な物質が出るという事で、現在でベリリウムを使用しているマテリアルは少ない?!が、音は良かったと記憶している・・・)
    中国製という事で自国ブランドの偽物は中国では作らないだろう?!と思っていたのだがドッコイ!すんごい量の偽物が出回っているらしい・・・。
    AMAZONの海外サイトでは、3ドルから5ドルという低価格で販売されている所も多々あるが、海外発送してくれる所を見つける事は出来なかったし、偽物である可能性も大である。(送料その他を考慮すると、海外から個人輸入するメリットも少ないし、ココは国内で調達しよう!!)
    日本国内のAMAZONでも、このイヤホンを販売しているお店は多いのだが、価格は2千円〜4千円といった所だろうか??(ただ、レビューを見ると、やはり偽物だったという評価が多いのが気になる?!偽物がベリリウムの振動板を使っているハズは無いだろう!?)
    そこで、最後の手段であるヤフオクのお世話になる事にする。
    出品タイトルに「本物」を強調している出品を発見!(価格は開始¥3,500−即落¥4,500−)
    入札が1件入っていたので、¥3,600−で落札!!
    同じ出品者が、ベリリウム振動板を使っていた物の新型(こちらはチタン合金の振動板)も出品されていた(こちらの価格は開始¥4,200−)ので同時に購入!!(もう物欲モード全開!である)

    届いたイヤホンがコチラ。



    右の金色の物はベリリウム振動板を使ったPiston2のGoldタイプ。
    左の黒っぽいのが、チタン振動板を使ったPiston3という新型。

    一聴して、ベリリウムのPiston2の低音にやられる!!なんじゃこりゃ〜!反応が凄く早いし、レンジが広いっ!!
    それに比べてPiston3の低音は、やや大人しめ。(Piston3の解説文に20時間程度のエイジングをして下さいとあったので、双方共丸一昼夜のエイジング!!)
    いざ試聴っ!!
    チタンのPiston3は、エイジング前とは見違える程の低音っ!!ベリリウムのPiston2はエイジング前と比べ、高域が少し落ち着いた感じ・・・。
    レンジは双方共申し分ないレベル。
    しかしながら、ベリリウムのPiston2の方が、元気(躍動感)があるのと、やっぱり反応速度が速い感じがするので音が近いっ!!
    装着加減はPiston3の方が新型なだけあってとても良いのと、Piston2はまずL/Rがコードの出ているゴムブーツに表記してあるので、それを見ないと分からないという不便さもある。

    どちらにしても、こんなクォリティーの物がこんな価格で購入出来るというのが驚きである。
    もし購入を希望される方いらしゃいましたら、何処で購入したか?!連絡させて頂きますので携帯かメールでご一報を・・・。

    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

            

    links

    profile

    search this site.

    others