<< イヤホン。 | main | 当社デモカー2号のオーディオ取付け。 >>
カーオーディオの調整。
今回、カーオーディオの取付け調整依頼を受けた。
以前から何とかしたいとのお話は頂いていたのだが、私がサボッていて一向に前向きな話にはならなかった。
前の会社で後輩だった輩とカーオーディオ談義をした事から、一気に当社の営業車2号(タント君)のオーディオ取付け計画が持ち上がった事もあって、以前から放ったらかしになっていた古川理髪院さんの営業車を先にしないとっ!?との事で、今回取付けさせて頂いた。
オーディオ機材を取付けていただいたのは、コルソマルケさんっ!!ランチアデルタやフランス/イタリア車等、外車の整備を主に全国からココ京都まで足を運ぶお客様が多い中、私が出来るハズも無い機材の取付けを快く作業して下さった。

さすがにユーザー様のお車なので画像は公開出来ないが、配線図は以下の通り。



デッキのラインアウトから2chインプット/4chアウトプットのプロセッサ(MiniDSP)を導入し、このプロセッサで音質を電気的に物理特性をイジッて整えて行く。
このプロセッサは手の平サイズ!!車やスペースの無い場所にはもってこいである。
更にUSB端子からのバスパワーで動作する省電力っ!!
レベルやクロスオーバーだけでなく、31バンドEQやディレイまで搭載する。また有償のプラグインソフトで内臓のDSPエンジンを制御するという、少し変わったプロセッサである。(今回はStereoEQというプラグインを使用した)
スピーカはPioneerのTS−C07Aという17cmのミッドレンジとツィーターの2Wayスピーカである。(こちらはエージングも含めて小慣れているスピーカの方が良いかナ?!と思い、ユーザー様から了承を得て中古の物をネットで調達した)
サブウーファーは得意のAmazonでPioneerのTS-WX1200A新品を購入っ!!
今回デッキも交換する事になっていたのだが、コルソマルケさんに使っていない新古品があるとの事で譲ってもらう事に。(KenwoodのU363というモデル)
デッキが中古ならアンプも中古で良いかなぁ?!と、こちらも了解を得て中古品をネットで調達っ!!
余談だが今回調達した中古アンプが壊れていて、コルソマルケさんには多大な迷惑を掛けた。
たまたま私が個人的に所有していたPioneerの4chアンプがあったので、早速入替え、納車のタイミング的には事なきを得たが、恥ずかしい話である。(まぁ期せずしてデッキ以降がカロッツェリアで揃ってしまった)



このプロセッサ、ディレイタイムがもう少し長かったら尚良かったのだが、2.5m分のディレイしか設定出来ない。(T_T)
まぁ車内使用なら余程大きな車でない限り、2.5m以上物理的に離れない事が多いのだが、どうも車載用のコンパクトなパワードサブウーファーは時間が遅れて聴こえるのである。(ほとんどの製品が、そんな感じなので気のせいでは無い?!と思う)
聴いていて分かる程なので、0.1秒以上は遅れていると思われる。
前出の配線図を見て頂いたら分かるように、デッキからのライン出力をプロセッサとサブウーファーに分岐させて接続してもらっているので、サブウーファーの電気的物理特性をプロセッサでイジる事は出来ない。
その代わりサブウーファーの時間が遅れる分、ドアスピーカやツィーターを遅らせるという考えである。

結果から言うと、今回採用したドアスピーカはエントリーモデルではないので、割と低い音までレスポンスがあった為、サブウーファーが仕事をする範囲をグッと絞る事により、なんとか特性を出す事が出来たが、口径の小さなスピーカやエントリーモデルのドアスピーカを選んでしまうと、ココまでの低音が出ない事が多いので、サブウーファーが仕事をする範囲を広げる必要がある。
そこでもう一つの注意点だが、このクラスのサブウーファーは大概に於いてピーク(音が大きくキツイ所)がある。
専門的な話になるが、だいたい63Hz〜100Hzという帯域が、ポンポンうるさいのである。
その辺りの帯域は、口径がそこそこあるドアスピーカなら鳴っている事が多いので、サブーファーからその辺りの音をポンポン出されると、腰が高い感じになって、歯切れが悪い低音に聴こえてしまうのである。
50Hz辺りから下の音のレスポンスは、さすがにドアスピーカでは求められないので、サブウーファーで補いたいのだが、そこのレスポンスを求めると、63Hz〜100Hzにあるピーク音がとてつもなく大きくなって聴けたもんじゃなくなる。
サブウーファー自体に50Hzから下の帯域に於いてレスポンスが無いのであれば諦めるが、以外と調整してやると鳴っているのである。
だから電気的にイジりたいのだが、今回の配線だとソコはイジれない!!
時間を取るか?!音質調整を取るか?!である。
幸いにもドアスピーカの特性が良かったので、今回はなんとかなったが、人に薦める時や今後の案件は注意しておかないとっ!!

先程ユーザー様から、「久しぶりに音楽聴いて泣いたっ!!」とのメッセージがっ!!良かった々!
| 音響職人 | カーオーディオ | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://info.amp-kyoto.com/trackback/632
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ