<< 当社デモカー2号のオーディオ取付け。 | main | スマートK10万キロ達成記念1。 >>
システムについて再度かいつまんで説明を・・・。
当の本人は、素人さまにも分かる様に簡単に説明しているつもりなのだが、分かり辛いっ!!とのご指摘もあるので、再度かいつまんでシステムの説明をしてみたい。(言葉を柔らかく!との指摘もあるが、中々難しい・・・)

当社が手掛けるシステムは、基本的に音響調整を施したカーオーディオという事になる。

音響調整と言っても、普通のCDデッキで触る所と言えば、ボリューム/トレブル(高音の増減)/バス(低音の増減)/ラウドネス(高音と低音を増強するスイッチ)や、システムによっては左右のバランス,フロントとリアのフェーダーと呼ばれるバランスぐらいの物で、我々技術者が触って何とかなるという代物ではない。

ここで分からない方が多い(?と思われる)「プロセッサ」という言葉が当ページで良く出て来るのだが、コレは一体何をする機材なのか??

今回使用したAudisonというメーカーのBitTenという機材を例に取って少し説明していこう!!

簡単に言うとプロセッサとは、オーディオ信号を整える為に存在する。

CDデッキから来る信号はスピーカを鳴らす為の信号で、そのままパワーアンプに接続してしまうと信号が大き過ぎて音が歪んでしまったり、アンプを壊してしまうので、直接接続する事は出来ない。
まずこのプロセッサは、そこを整理してくれる機能を持っている。(この機能が無い場合はハイ/ローコンバータというアダプタを使用する場合もある)
次に今回使用した2Wayスピーカ(高音を受け持つスピーカと低音を受け持つスピーカが別々にあるシステム)の場合、ネットワークと呼ばれる低音と高音を分ける為に付属している箱状のアダプタを使うのだが、コレを使用すると低音と高音を受け持つそれぞれのスピーカの音量を変えたりする事は出来ない。
アンプをそれぞれに低音用/高音用に分けて、アンプに付いているボリュームで調整すると、より正確に音量を合わせる事が可能となる訳で、コレをしたい為に当社のデモカーは、いつも4chアンプを選んでいる訳である。(すなわちネーットワークと呼ばれるアダプタは使用しない)
またこのようにアンプを分けた場合、高音を受け持つスピーカの能力や低音を受け持つスピーカの能力を確認しながら、低音と高音が重なり合う位置も微妙に調整したりする事が可能になる。(ちょっと分かり辛いかな?!)
それと次に、「タイムアライメント」という言葉もデッキやナビの取扱説明書を見ると良く出て来るが、これも2Wayで合わせる事が出来る。
タイムアライメントとは、ようするに左側と右側にスピーカが付いているとして、自身が右に寄って着座しているので、右側のスピーカの音の方が早く耳に届く事になる。(分かりますよネ?!)左側のスピーカが耳に到達する時間との差額分、右側のスピーカを時間的に遅らせる必要がある。(そんなの普通の人が聴いて分かるのか??とか聞かないで下さいネ!?)
この時間のズレを高音/低音スピーカ間でも直す事が出来るという訳である。
さぁそこまで整理された信号を使ってスピーカから音が出る訳だが、同じモデルのスピーカが左右対称の位置に取り付けられていたとしても、全く同じ特性の音が出るとは限らない。(と言うか、そんな事はほぼ無い!!と断言出来るっ!)
私は良く言うが、スピーカとは生き物のような物で、湿度や環境に於いて特性は違って当たり前だと考えている。
すなわち同じ様な時期に購入し、同じ様な環境で同じように使用していたとしても、この二つのスピーカが全く同じ音を奏でるという事は無いと思っている。(たとえそれが新品のスピーカであっても!?である)
スピーカはあくまでも電気が流れているコイルと磁力によって動いているような、超アナログ的な物なので、デジタル信号や電気信号とは訳が違うのである。(だから面白いのである)
特に新品のスピーカの場合は、使い込む度に音が変化するので、しばらく鳴らしてみて、だいたい安定したと思われる所で再度調整した方が良い!?(と思う)。←ココはセールスっ?!
そこで、違う(?だろう)特性を左右で合わせる為のイコライザー調整(音質を整える)を、このプロセッサを使ってする訳である。(トレブルやバスといったボリューム(この場合2ツ)が、30ケぐらいに分割されていて、それぞれの音を増減するという機能をこのプロセッサは持っている)

っとまぁ、プロセッサがする機能は、このように多岐に渡るが、コレを何も知らない素人さん達が何の勉強も無しに設定する事は難しい(?だろう)。という訳で、技術者に依頼する必要がある。
カーオーディオの取り付け業者(販売店さんや専門店さん)等、音響に詳しいショップなどでもこれらの調整をされると思うが、機材もそこで調達して、取り付けもお願いして調整するという話になるので、やはり費用的にも難しい(高価な機材を薦められて断り辛いとか?!)という場合、専門店で無い近くの自動車整備工場さんに取り付けをお願いして、ネットで機材を購入っ!!し、この調整だけを専門店に依頼出来れば良いのだが、ほとんどの場合断られる事が多いと聞く。(自分達で取り付けもしていないので、配線が思い通りになっていなかった場合、誰が直すのか?!という問題もあって、断られても当たり前と言えばそうである)

ご心配な場合、当社ではお客様で用意されるモデルを伺って、要望があれば配線指示等はさせて頂く。(また整備工場さんと電話で打合せたり、お近くであれば伺ったりもして指示させて頂く事も可能である)

調整を中心に考えると、機材に重きを置かない方も多々いらっしゃる。(逆に折角なのでイイ物を・・・と、高価な機材を揃える方もいらっしゃる)
今回タントに導入したアンプも小型の物で、およそ定格50W相当なのだが、充分な音量が得られているし、よほど高価も物は勿体無いかも知れない・・・。(余裕は無いより有るに越したことは無いのだが・・・)
また調整を考える場合は、サブウーファーの導入も、強くお薦めするっ!!(やはりカーオディオの場合、走行中はロードノイズがあるので、低音は響かないと感じる人が多いからである)

今回はプロセッサと呼んでいる機材を中心に説明させてもらったが、分からない事があれば、メールでも電話でもで質問下さればお答えするので、是非一度相談下さい。
またデモカーの音を確認したいっ!!等、なんでも相談下さいっ!
| 音響職人 | カーオーディオ | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://info.amp-kyoto.com/trackback/634
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ