<< 東広島に来ました。 | main | 京都シネマでアンプ入替え >>
S市I邸ホームシアター
今回、S市のI邸様から御依頼を受け、ホームシアターの設計と設置及び、音響調整を施しました。

最初にお話を聞いたのは、かれこれ昨年の4月頃の事でした。
ご自宅を新築される際に、ホームシアターの専用ルームを作りたい!との事。
お部屋の寸法を伺った所、横幅6.4m,奥行き7.5m,天井高5.4mとの事。
いろんなオーディオ店やインストーラーに相談されていたようですが、コレっ!といったプランが出て来ないので、AMPさんだったら、どうしますか?との事。
寸法的には、まさしく試写室レベルの広さはあるので、映画館並みのシステムをご提案!!
すぐさま、プランを煮詰めてご提案を!との事でスタートしました。

遠距離だったので、少し躊躇した物の、地元の施工業者さんも知っていたので、お受けしました。

スクリーンはスチュワートの170インチの物をお持ちとの事で、そのまま移設するとの事でしたが、途中から200インチのシネマスコープサイズのスクリーンを新設する事になったり、視野角の関係から、床を階段状にしたい!等、紆余曲折ありながら、スピーカーレイアウトと、システムを構築!!
AVアンプも、当時発売前の物だった事もあり、調査しながら進めました。

結局、フロントL/C/Rは3wayトライアンプのシネマスピーカーを設置。
サブウーファーも、18インチが2台入ったシネマ用!
サラウンドスピーカーは、サイドに2台づつとバックに2台!(全てシネマ用スピーカーシステム!)
Atmos用トップスピーカーは、同ブランドのペンダントタイプのスピーカーを6台設置する事に…。

AVアンプの音質調整機能は一切使わず、マニュアルで全てのスピーカーや、フロントスピーカーのクロスオーバーが設定及び調整が出来る様に、デジタルシグナルプロセッサを導入!!
パワーアンプも業務用の物で駆動させています。



スピーカーはスクリーンを付けてしまうと見えないのが残念ですが、かなり大きいです。



視聴エリアはこんな感じ!
スピーカーレイアウトは、DOLBYさん推奨の位置と、ITUに準拠!!



スクリーン側はこんな感じ!!



アンプラックも、これだけアンプが入ると壮観です!!


調整後にチェックして頂きましたが、とにかく爆音でも、難なくこなすシステムに満足頂けた様子で、試聴会を行ってもらっているそうです。

設計事務所さんも、あまりの爆音にビックリされた様子で、初めての感覚だった!との事。
映画館では、同じくらいの音量が出ていると思うのですが…。

とにかく喜んで頂けているなら、AMPとしては最高に嬉しいです!!
| 音響職人 | AMPが調整させていただいた仲間なお宅 | 15:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
壮観です。空間も十分。調整品質は折り紙付きで、インテリアも夢に満ち、アンプも現行品最高峰。天井スピーカーが面白いです。サラウンドスピーカーもすべてBSSでAudio Architect?素晴らしい。

当方では8340をヤフオクで買い込み張り替えて13本使ってみました。デモディスクでも調整しましたが、包囲感、上下左右の移動感などimmersive audioのスタンダードな感触がよくわからないので、機会があれば調整の肝を教えてください。Audyssey は(に限らず)低域が難しいです。このAVプリはAuro-3Dのupmixがとても良いです。
| HAL | 2018/08/30 7:27 PM |

ハイ〜っ!!素晴らしいです!
BSSのコンフィグも良く書けたと思うので、調整もし易かったです!
低域ですが、ベースマネジメントを使うなら、まずサブウーファーの特性をキッチリ出して、マネジメント量を個別に設定しないとダメな気がするのですが、オートのAudysseyが、どんな順番でどうプロセッシングしているのか?!さっぱり分からないので、全て手動で合わせた方が上手くいくと思っています。
まずはサブウーファーのレベルを決める前に、ベースマネジメント量を決めないと始まりません。
EQを行う前にやらないとダメな所を、スッ飛ばしてEQして、上手く行くハズがありません。
ベースマネジメントを使わないなら、良いのですが…。
| 音響職人 | 2018/08/31 6:08 PM |










http://info.amp-kyoto.com/trackback/644
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ