家用でデモカーっ!!(1)

0

    デモカー2号だった家用タントが、ちょっと事情があって、廃車になってしまいましたっ!(T-T)

    そこで新たな車を買う事に…。


    その車は、スズキスペーシアっ!!

    (今までスズキ車は乗った事無いので、初めてのスズキ車です)


    未使用車(登録済車)で、一応新車なんですが、この車、生意気にハイブリッドなんです!


    エンジンの力とモーターの力で、走るそうです。


    そんな事はどうでも良くて、取り合えず音響調整技術の、AMPデモカーとしての役割を与えないとダメなんで、早速カーオーディオ機器の取り付けをしています。


    今回も元同僚のU氏と、元某ディーラーのサービスマンだった、I君にお手伝いをお願いして、現在取付中っ!!


    まず車の購入店オプションで、取付けてもらった、Kenwoodのナビが今回のメインデッキになります。


    ナビから出ているスピーカー線を使って、調整に使うプロセッサにオーディオ信号を入力しなければなりません。 (ライン出力のあるナビやデッキでも、微弱信号のライン出力を使って、ノイズを拾う可能性を考えたら、大きなスピーカー出力をプロセッサに入力する方が、個人的には安全かと…)

    もちろん、そのデッキのアンプ信号の音にはなってしまうのですが、音が歪む程の大出力がプロセッサに入る訳ではありませんし、スピーカーを駆動させる訳でも無いので、特性的にそんな酷いアンプは通常搭載して無いので…。


    ってな訳で早速ナビを外し、スピーカー線を機材をインストールする予定の、運転席下へと通します。



    続いてはスピーカーっ!!


    今回はALPINE製のスピーカーを、例によってYAHOOオークションで物色っ!

    今回選んだスピーカーは、フロントに17cmのセパレートタイプ(DLC-176A),以前のタントには付けて無かったリアスピーカーも、今回は取付ける事にしたんですが、コチラはコアキシャルの17cm(DLS-178X)。

    どちらも中古なんで、2セットで¥11,000-でしたっ!!


    車種に合わせた、スピーカー取付け用バッフルボードを用意する段になって、いろいろ調べると、スペーシアのリアスピーカーは10cm程度の物しか入らないかも?!

    えぇっ?!ちゃんと調べて無かったんで、無駄な買い物をしてしまったのかも?!と思ったんですが、これまたバッフルボードをお願いした、YAHOOオークションの出品者さんが、現行のスペーシアはリアも17cmまで入りますヨ!?との事。(但しマグネットの大きな物は入りませんので、要注意!との事)

    取り合えずバッフルボード自体は、同じ物が2セットで良いとの事で、早速注文しました。


    プロセッサは、タントで使っていたBit Tenは5ch出力で、フロントをLowとHigh別々のアンプに分けるなら、リア用の信号を取り出す事が出来ないので、結局1ランク上のBit Oneを用意する事に…。

    パワーアンプはタントで使っていた、PioneerのGM-D1400IIでフロントを賄うのは良いとして、リアの2chアンプを何にしようか?!と悩んだあげく、何回か使った事のある中華アンプ(Kinterとかいう、まぁまさしく中華製らしい物)を導入っ!

    コチラは海外通販で、送料込み¥2,000-程。(壊れていたら?!と心配なので2ケ注文!)


    バッテリー直用ケーブルや、タントの時に、バッテリーが弱るとオーディオの電源が落ちる症状が頻発していた事もあって、改善になるのか?!分からないが、キャパシターなるコンデンサのお化けみたいな物も導入する事にしたんで、中古とタントに付いていた物を使っても、総額¥70,000-程の出費っ!!

    ちなみにタントから移植した、サブウーファーやアンプ含め、全て新たに揃えると機器だけで、¥100,000-弱にもなってしまいます。

    コレで音的にもデモカーにならなければ、ちょっと怒ってしまいます!!


    さぁ取付けは、次回…。

    お楽しみに!!


    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

            

    links

    profile

    search this site.

    others