<< 家用でデモカーっ!!(8) | main | カーオーディオを音響屋さんに聴いてもらう! >>
家用でテモカーっ!!(9)
令和元年になった直後から始めた、スペーシアのカーオーディオ取付けが、お友達にもお手伝い頂きましたが、自施工でようやく終了しましたっ!
あれから、またプロセッサの不具合で、音が出たり出なかったり…。
ホント触らぬプロセッサに祟り無しっ!て感じで、突然出なかった音が出るようになったりで、結局何が悪かったのか?!もサッパリ分からない感じ…、なんか腑に落ちないんですが、やっと完成しました。(したんじゃ無いかナ?!)

今回リアスピーカーや、プロセッサ等も交換しました。

前回写真を撮るのを忘れてしまったリアスピーカーは、こんな感じです。
アウターパネルに制振シートを貼っています。





リアスピーカーを取付けるには、後ろ側の内装内張を総バラシにしないと、アクセス出来ないので、結構大変です。

本日、音響調整やレベル設定を正確に合わせましたっ!!
(リアスピーカーの調整前と調整後の特性は、こんな感じ…)





リアスピーカーは、エンジンの排気音があるみたいなので、低音部分が結構上がってしまいますが、こんなもんじゃ無いでしょうか?!

サブウーファーのレベルと、プロセッサのメインボリュームも、リモコンで簡単に操作出来るので、とても便利になりました。(あまり触らないんですが…)
また、音響調整前と調整後の切り替えもリモコンで出来るので、簡単に比較試聴も出来て、当AMPのデモカーとして活用するには、とてもイイ感じで運用出来そうです。

調整についての補足ですが、シングルマイクの音響調整だと、マイクポイントで、結構特性の出方が変わってしまうので、上手く行く場合と、そうでない場合が顕著に出てしまいます。
その為、ポジションを変えながら、何度か試聴と調整を繰り返さないとダメなんですが、3本のマルチマイク調整だと、大方一度の調整で、上手く行く事が多いので、やっぱり松コースがおススメです。

もう質問も無さそうなんで、この回(9)で「家用でデモカーっ!!」シリーズの記事は終わりにしたいと思います。

ホント百聞は一聴にしかずなんで、機会があれば、一度聴いてみて欲しいです!

値段を掛けただけの価値があるか?!無いかは人それぞれですが、車で音楽を聴くのが楽しくなる事は、間違い無いかと思います。(フロントスピーカーのみだと、今回の当デモカー程の金額は掛からないので、ご検討される際には、一度相談下さい)
また今回、私は貧乏なので、ヤフオクの中古品を物色しましたが、ホントに動作するか?!分からないし、結局無駄にした買い物もあって、何より作業的に重複するので、あまりおススメ出来ないです。

一応最後に、今回の機材を紹介して終わります。

ナビ Kenwood MDV-D405BT
フロントスピーカー ALPINE DLC-176A
リアスピーカー ALPINE DLS-178X
サブウーファー Pioneer TS-WX120A
フロントアンプ Pioneer GM-D1400II
リアアンプ Kinter MA-150
プロセッサ Audison BitOne
キャパシタ Waves 3.0F
バッテリー直ヒューズブロック
スピーカーケーブル MOGAMI 3082
バッテリーケーブル 5.5sq黄色

シリーズに長々とお付き合い下さって、有難うございましたっ!!
| 音響職人 | カーオーディオ | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://info.amp-kyoto.com/trackback/670
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ