<< ワイルドスピード/スーパーコンボ | main | iOSデバイスが音響測定器に!の続き >>
iOSデバイスを音響測定器に!
今回はiOSデバイス(iPhone等)を音響測定器の代わりにする、測定用Lightning端子付マイクを買ってみましたっ!

ソレがコチラっ!!



MicWという中華ブランドの、i437LというClass2 測定マイクっ!(日本の代理店は、Mi7というPresonas製品等の代理店もされている会社様が取り扱いされています)
驚く程小さいんですが、性能はイカ程か?!
という事で、今回簡単な検証をしてみましたっ!

まずこのマイクだけで、相対値による音響測定は可能なんですが、絶対値になる音圧は、このままでは測定する事が出来ません。(そのマイク個体の電圧感度の記載は、個別の物が付属しているんですが、測定前の校正も出来ないので、手取り早く音響校正器を使う方が早い?!)
また、もちろん相対値であっても、音響測定用のiOSアプリは必須になります。
今回使用するアプリは、いつもiOS用測定器として使っている、Six Digital社のAudioToolsというアプリを使います。(こちらは、Six Digital製品やMiniDSP製品の取り扱いもされている、J.TESORI様が国内代理店をされていますが、アプリ購入はAPP Storeから…)
興味のある方は、APP Storeで「AudioTools」を検索してみて下さい。
*相対値/絶対値と言っても分かり辛いと思いますが、相対値とは、周波数特性等、各音量差がどのくらいあるか?を測る事で、絶対値とは、今出ている音量が幾つなのか?を測る事です。

先述の通り、正確な音圧を測定する為には、音響校正器が必要で、このマイク用の純正校正器もMi7(代理店)様で用意されているのですが、コレが結構お高い物なので、私が常に使用している校正器に適合させる為のアダプタを、今回京都市左京区にある「奥村金属工業所」様に、製作して頂きました。(マイクの先に差さっている真鍮製の帽子みたいなのがそのアダプタで、使用する校正器は小野測器製のSC2120Aという、1/2インチマイク用の音響校正器!)



このアダプタと校正器を使い、カプセル内の音圧を、iOSアプリ内でキャリブレーションする事で、正確な音圧レベルを測る事が出来るようになります。
(ちなみに今回のマイクに付属していた感度表が22.1PA/FSと記載で、アプリ上+13dBを入力する事で規定値になったんですが、22.1PA/FSを計算すると-26.8878dB/FSになるので、このアプリとiPhoneの組合せで、凡そ+40dBのゲインがある?!という事でしょうか?詳しくは分かりません。誰か教せ〜て?!)

ちなみにiPhone6plusとiPhoneXの組合せで、それぞれアプリに入力するゲインが微妙に違うので、音圧を測るなら、一度は校正しないとダメかなぁ〜?!(ちなみにiPod touch第5世代は、このマイク自体認識しませんでした)

まぁややこしい事は置いておいて、今回このマイク用の物とは別に、他数種類のマイク用アダプタも、奥村金属様に合わせて製作をお願いし、使える測定用マイクが増えました。(^_^)

さぁコレで準備が整ったんで、測定を始めたいと思います。

対象になる音響システムは、当AMP店舗BGM音響調整のアンテナショップでもある、古川理髪院さま!!
こちらのお店には、10年以上前から散髪で通っているんですが、当初店主さんから日本一BGMの音がイイお店にしたいっ!!との変態的な要望から、出来るだけ費用は掛けずに、それでも贅沢な機材を利口に調達しながら、時間を掛けて少しづつバージョンアップを繰り返し、現状かなりのレベルまで来ているので、日本一とまでは言わないまでも、かなり音的には頑張っている!?という散髪屋さんっ!!

先日散髪に伺った際に、少し音が気になって、若干触ったんですが、今回このマイクの検証もしたいので協力をお願いし、そのついでに、再調整を施しました!!
店主さんからは、「かなり聴き易くなったし、今まで聴こえなかった音が聴こえる!やっぱり音響調整は必要!!」と再認識頂いた様子!気に入って下さっていれば、何よりですっ!

どちらにしても、こんな散髪屋さんが近くにある私達は、すごく幸せです!!

さてマイクの検証ですが、音圧レベルについては、誤差の範囲に収まっているので、特に問題ナシっ!!



続いて周波数特性はどうかっ?!



コチラも、いつも使っているEarthWorks製M30測定マイクと比較すると、低域が少し盛り上がって出ますが、250Hz辺りから上は、多少バラツキはあるものの、これも誤差の範囲っ!!
後は耐久性で、特性と感度のズレがどうなるか?!ですが、何度か使ってみて、時々確認するまでは分からない?!
もし耐久性他に問題が見つかれば、またレポートしますネ!?

しかしながら、コレは使えるかも?!
(正確な音圧レベルの測定が必要で無ければ、校正器もアダプタも必要無いですしネ?!)

iPhoneやiPod Touch,iPad等のiOSデバイスと、このマイクだけで、簡単な音響測定が出来てしまうし、この小さなマイクだけを常に鞄に忍ばせておけば、いざっという時に、簡単な確認が出来るのは、とっても心強いっ!!(オーディオインターフェイスも、マイクケーブルも何も必要ありません!)

てな訳で、¥19,800-(特注アダプタ他アプリ代等は除く)の出費で、簡単な音響測定器を手にする事が可能なこのマイク!!
高いと見るか?安いと見るか?は、あなた次第っ!!

ちなみにイヤホンマイク端子に接続する、i436Lという機種も同ブランドから出ているみたいですが、iPhoneやスマホの場合、イヤホンマイク端子は、通話主体の設計で、低音がカットされていると聞いた事があるので、安全を鑑みてi437LというLightning端子の方を選択しましたが、もしかしたら、マイクは同じ特性の物で、Lightningモデルにしたから低域が盛り上がって出るのかも?!(どちらにしても最近のiOSデバイスは、イヤホンマイク端子の無い物が多いので、選択肢的にはLightningモデルにされる人の方が多いと思うのですが…)

未検証なので保証はしませんが、Android端末で使用する場合は、このような変換コネクタ(Lightning→Micro USBやType C変換)と何がしかのアプリを用意すれば、使えるかも?!

ちょっとした物で、iOSデバイスやスマホが音響測定器に変身する?!という話題でしたっ!!
| 音響職人 | 匠の道具 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://info.amp-kyoto.com/trackback/675
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ