スペーシア号の音響再調整。

0


    先日来からパワーアンプ交換等、ちょこちょこ触っている当社デモカー兼家用車のスペーシア号!!


    実はアンプ交換する前から、女性ボーカルの辺りが少し強く出ていると感じていて、アンプを交換してから、その症状が顕著になり、ゲインバランスが崩れたのかナ?!と気になったので、仕事と私用の合間を見て再調整する事にしました。


    サクッとマイクセットをして、確認チェックしてみると、案の定1kHz周辺が出過ぎてました(私の聴覚が正しかった?!)


    アンプ交換をしてゲインバランスが崩れただけじゃ無く、スピーカーエイジングの問題もあったのかも知れません。


    今回のスペーシア号に限らず、私がヤフオク等で中古品のスピーカーを物色して取付けているのは、導入価格を抑えたい!という理由だけで無く、このエイジングがソコソコ済んだ物の方が、安定して使えるかも?!という理由もあるのですが、やはり元々出難い音程のあるスピーカーだと、その部分をイコライザーで上げたりする事で、そもそもそのスピーカーが持っている特性が引き出される?!というエイジングもあるので、そんな理由で今まで、イコライザーで1kHz周辺を若干上げていたんですが、フラットな状態に近い所まで戻しました。


    新品のスピーカーをお付けの方は、このエイジングによって、音程レスポンスが変わる事は更に顕著になるので、当初が推奨している音響調整「松コース」最初の調整後、再調整1回の技術料は無料!というのは、正当性があると再認識しましたっ!!


    バタバタと調整して、サッサとマイク他調整機材を片付けてしまったので、例によって写真を撮り忘れて、残念ながら特性をお見せする画像は無いのですが、調整したプロセッサ(audison BitOne)の設定画像はコチラになります。

    下の画像は調整前の画像です。



    右側スピーカーの設定画像ですが、コチラが顕著で、1kHz周辺を、上げた状態で特性が合っていました。


    続いて再調整後の画像です。



    1kHz周辺だけじゃ無く、ちょこちょこ触っていますが、イコライザーをフラットに近い状態まで戻して、特性が合っています。

    (中古で購入したスピーカーは、この部分が出難い状態だったのが、イコライザーで上げて半年使ったら、本来の特性になった?!という事だと考えます)


    このように、プロセッサ等をお付けになっていて、導入時に調整してもらった後、放ったらかしになっている方は、是非一考下さいます様、ご提案申し上げます!!


    ちなみに最初の調整は済んでいて、再調整の必要が無く、シングルマイク調整で良い場合は、技術料2万円の「竹コース」(交通費経費別途)もあります。



    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

            

    links

    profile

    search this site.

    others