<< スピーカの選び方と配置−2。 | main | ホームシアターの基礎知識。 >>
スピーカの選び方と配置。

大きな音で楽しむホームシアターは、我が家のホームシアター編を見 て頂
く事にして、ここでは少し小さなスピーカで楽しむホームシアターに ついて、
述べさせて頂きたい。

 なぜなら昨今、ホームシアターと言って映画を楽しむだけがサラウンドの
楽しみ方じゃないからである。
 TVでのスポーツ中継はかなり以前から5.1chになっているし、ゲームを
サラウンドで楽しむと、とても面白いと思うからである。
 ホームシアターと言えば、リビングのTVが中心だと思うが、ゲーム機の
ディスプレイにサラウンドと言えば、もっと小型になるのでは?!

スピーカレイアウトは我が家の・・・で記述したように、ITU規格に則った ITU
−R BS.775−1という規格に準拠するのが一般的である。
この規格はダイレクトサラウンドと呼ばれていて、もう一つとても曖昧なディフ
ューズサラウンドという考え方がある。(この規格ではスピーカの向きや仰角
等、ほんと適当で良いのか?と思ってしまう)

 実は映画館等は、このディフューズサラウンドである事は、あまり知られて
いない。
 ダイレクトサラウンドを真面目に楽しもうとすると、基本サブウーファーを除く
メインスピーカを含む全てのスピーカは同じ物を選ぶ事になるで、本来ホーム
シアターのほとんどが、ディフューズサラウンドという事になる。 という訳で、
レイアウトについては結構曖昧で良い訳であるが、出来るだけ規格に準拠
するという考えで設置されたい。

次にスピーカ選びだが、昔々オーディオに凝っていて大きなステレオのスピー
カを持っているという方がホームシアターをされる場合、既に持っている、その
大きなスピーカをメインの左右に使う事になるのだが、5.1chシステムの場合
、メイン左右のスピーカが活躍する機会があまり無い。
サラウンドスピーカよりは少し出番があるものの、ほとんどの音はセンタースピ
ーカが受持っている。 (これも知っている人は少ないが、センタースピーカが
壊れて音が出なくなったら、再認識するハズである)
なので、出来れば大きなスピーカはオーディオを楽しむ時用とし、AV用のスピ
ーカは別にした方が望ましい。 がしかし勿体無いので使う場合は新設する
センタースピーカやサラウンドスピーカと同程度の能力しか使わないと割り切
ってしまおう!

 初めてスピーカを設置するという方は、デザインや色,自分の楽しみ方を、じ
っくり考えて、サイズと価格を吟味して決められたい。
私個人の考えでは、小さなスピーカで組む5.1chの場合は、メインスピーカよ
りサブウーファーに少し多めの予算を裂いた方が、結果が良い場合が多い。
(既に購入している方は、小型のサブウーファーを複数にするという裏技を検討
されたい)
何故なら、メインスピーカが小さくなると、当然低音は出なくなる。 その出なく
なった低音をサブウーファーが補ってくれる。 という事はサブウーファーの仕事
量が増えるという訳である。 しかしながら、絶対的な音量はメインスピーカが
小さくなった分、当然仕事量が減るので、あまり過剰な物を設置しても無駄に
なるので注意が必要だ。

なんか自分で書いていて、ややこしくなってきた気がするので、質問ある方は、
コメントして下さい。

| 音響職人 | ホームシアターの基礎知識 | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://info.amp-kyoto.com/trackback/9
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ