紅葉が綺麗な季節。

0

    自宅から作業場まで、毎日車で移動していて、昨日まで気にも留めて無かったんですが、あちこちで紅葉が綺麗な事に気が付きました。



    コチラは南禅寺近くなんですが、丁度信号待ちで停車した時に、写真では伝わるか?!心配ですが、あまりに綺麗だったので「パチリッ」。

    紅葉は寒暖差が激しくなると、一気に色付くらしいのですが、ここ連日10度を下回っていたのですが、今日は20度を超える陽気!

    お天気もイイのと、観光に来られる方も多くて、少し渋滞していた事もあり、写真を撮る時間がありました。


    皆さん、事故等起こさないよう注意して、走行して下さいネ!!


    久しぶりに奥さんと映画!

    0

      昨日、8月のワイルドスピードに続いて、久しぶりに奥さんから映画のお誘いがありました!


      今回のお誘いは「ターミネーター/ニューフェイト」。


      いつものTJOY京都は、上映時間が合わず、TOHO二条のIMAXシアターでの鑑賞!!




      音質的には、全然良かったんですが、折角のIMAXシアターなんで、もうちょっと音量が欲しい所…。(あと2dB程大きいと良かったんですが…)


      朝食にマクドナルドに行ったんで、ポップコーンは今回お休み。(コーヒーとオレンジジュースで鑑賞しました)

      映画館に来たら、ドリンク等は持ち込まず、必ず劇場のコンセッションで購入しております。(コレが映画館の儲けなんで、最低限のマナーだと思っています)


      Biviには、駐車場もあるので、車で行ったんですが、なんと駐車場のサービス券発行は無いとの事。

      コリャ〜お客さんが少ない訳だぁ〜!と、夫婦で納得!!

      IMAXに拘りが無ければ、追加の施設料金(+¥500-)も要らないですしネ?!


      この建物。一階に微妙な飲食店街,二階はゲームセンター,三階は駐車場で4階が映画館という構成なんで、映画館の為にある駐車場だと思います。

      なので駐車場代のサービス券は、発行しましょうヨ! ねっTOHOさん!!


      測定器用ケースを新調!

      0


        今まで使って来た、iPadの簡易音響調整&測定器用ケース!


        SKBってケースメーカーの物で、何不自由無く8年程使って来たんですが、収納しているノートPCがXPなので、PCを新調した所、同じ画面サイズの物を選んだにも関わらず、PCが横長画面になった為、ほんの少し(8mm程)ケースに収まらないので、結局ケースも新調するハメになりました。



        今回選んだケースは、言わずと知れた米軍でも御用達!この手の物では一流品のPelicanケースっ!!


        SKBの同じようなサイズの物と、4千円程しか変わらなかったので、コレにしました。(流石にシェルは凄く硬くて、少々の衝撃では中身も壊れ無さそう!?で、何よりカッコいい!)

        PCの横幅が30cm弱で、ケースが33cm弱なので、3cm程の余裕しか無かったんですが、コレより1サイズ大きなモデルになると、いきなり結構大きくなるので、なんとかなるだろう?!と選んだんですが、中のセルフカット出来るスポンジフォームの周りに、カット出来ない部分があり、それがなんと2.5cmもある?!(すなわち大凡28cm弱の物しか入らない?!)

        しょうがないので、周りのフォームも少しカットしてなんとか収納出来るようにしました。

        ケース自体も少し大きくなった恩恵もあり、今まで収納出来なかった周辺機器も入り、トートバックと2ツ持ち歩いていたのが、必要な物を精査した結果、このケース1ツにまとまりました。(マイクスタンドが入らないので、ケースの外に括り付けなければなりませんが…)
        またプラダンでツイ立てを作ったりして、無理矢理押し込んでいた感が無くなり、断然ソレっぽくなり美しい!!




        取手側のPCとケースの間に、1.5cm程の隙間しかありませんが、元々のSKBケースも同じくらいの隙間しか無かったんで、多分大丈夫だろう…?!大丈夫かナ??!

        新調したPCより、ケースを新調するのに掛かった金額の方が高いという事実。
        これから末長く大活躍してくれないと困ります!?


        アマゾンお急ぎ便の落とし穴!

        0

          皆さんも、AMAZONでお買い物される方が多いかと思います。

          AMAZONを度々利用される方の中で、AMAZONプライム会員になってる方もおられるかと思います。

          私も例に漏れず、月に一つや二つの買い物じゃ済まないので、プライム会員に入って、決して安くは無い年会費を払っています。

          プライム会員の特典は、お急ぎ便送料が無料!AMAZONプライムビデオやプライムミュージックが視聴出来たりと、当方にとっては損なような得なような、ちょっと微妙な感じなんですが、やはりプライム商品がお急ぎ便で届く!というのが魅力で、年会費を支払っています。(そんな方も多いのでは?!)

          昨日、ちょっとした買い物をする際に、数点の商品を選んでいたんですが、翌日8:00-12:00までにお届け出来ますヨ!という商品があり、絶対午前中に着かないとダメっ!!て物では無かったんですが、出来れば午前中到着するなら有難いので、数点の商品を、この8:00-12:00までに到着と明記のある商品でまとめて、お急ぎ便指定で注文しました。(わざわざ8:00-12:00の明記が無い商品で、注文した物より安価な物もあったのに…)

          ココで、既にご存知の方なら、もう私の間違いに気が付かれたかと思いますが、そうなんです!!コレじゃ翌日午前中に着かない事の方が多いんです!







          私も今まで気にした事が無かったのもどうか?!と思うんですが、ホントに翌日午前中に着いて欲しいのなら、お急ぎ便を選択してはダメなんです。

          アマゾンに聞いた所、「お急ぎ便」は基本的に注文する時間や、在庫倉庫の場所にも寄りますが、翌日中に届けますヨ!ってのが、「お急ぎ便」なのだそうで、決して一番早く着くというオーダーじゃ無い?!

          では、何故翌日8:00-12:00までに着くという明記のある商品が存在するのか?!疑問に思う方って、私だけでしょうか?

          アマゾンさん曰く、確かにそんな明記のある商品が存在するし、8:00-12:00までに着いて欲しければ、お急ぎ便じゃ無く、「お届け日時指定便」を選択しなければ、そういうオーダーにはならないんだそうです。(なんじゃそりゃ〜?!)

          そこで、翌日8:00-12:00までのお届け!って書いてある商品を見つけて確認すると、確かに時間の書いてある下に、お届け日時指定便を選択した場合と小さく明記してありました。

          「お急ぎ便」は有料サービスなので、何便よりも早く着くから「お急ぎ便」じゃ無いんですか?!と聞いたら、「この日時指定便もプライム会員様向けサービスなので、分かり辛くてスイマセン!?」と謝られてしまいました。
          日時指定便って、お急ぎ便より後日で、着いて欲しい日時を指定するもんだと思っていましたが、そうでは無いんだそうです。

          結局、コレらの商品。
          実際は、不測の事故があったのか?!翌日にも着かず、AMAZON配送からヤマト便に変更になったようで、ヤマトさんから明日お届けの荷物を、アマゾン配送便?(TMG)から預かりましたっ!てメールが先程届きました。

          お詫びの意味なのか?!特にクレームを付けたつもりは無いんですが、この注文詳細を見ると、クーポンで¥200-の値引きが勝手に付いてましたっ!

          コレがホントに現場で急ぎ必要な物だったら、¥200-じゃ済まないんだけど…。(って、そんな急ぎの物をアマゾンに注文するナ!って事ですが…)

          皆さんも、私と同じような理解をされている方がいらっしゃったら、お気を付けて下さい!!

          MicW i437Lの続き。

          0

            以前、記事を投稿していた内容で、MicWのi437Lが、AudioToolsってアプリで使う際に、注意が必要ではないか?!って記事を書いてましたが、メーカー(Mi7)さまから、少し前に回答が返って来てまして、当方が指摘した結果が得られ無く、AudioToolsでも特に支障は無い!との回答でした。


            との返事を受け、現場では時間も取れないので、当作業所で再度確認検証作業をしてみました。


            まず測定マイク(EarthWorks M30)→オーディオI/F(Presonus AudioBox iOne)→iPad(第6世代)という測定セットと、MicW i437L→iPhone6plusの組合せで、スピーカーはJBL LSR2300を使い、GEQで出来るだけフラットな特性にして、比較してみました。




            結果は以下の通りで、現場で測定した結果より、多少はマシな感じもありますが、やっぱり低域については、少し盛り上がって出ます。



            そこで、同じiPhone6plusを使ってAudioTools以外のアプリなら、どんなグラフになるか?も見てみました。それがコチラ!!



            素晴らしいっ!!

            これこそ誤差の範囲っ!


            コレを支障あるとするのか?!支障無いとするのか?!はメーカーさん次第ですが、測定用マイクとしては、AudioToolsでは私は使えないっ!と思います。


            ちなみにiPhone6plusじゃ無いiPhoneXでも、同じ環境下で測定してみました。



            iPhone6plus程酷くは無いですが、やっぱり少し低域が盛り上がって出ます。


            ご覧頂いた通り、iOSデバイス毎でも、差異があるって事は、当方が指摘した通り、アプリの仕様でHeadSetマイクとして、このi437Lが認識されている事により、iOSデバイス毎の通話用較正ファイルが働いて、多少低域が盛り上がるのはアプリの仕様上、仕方無い事だと思うのですが…。


            ちなみに、音圧レベルについては、これもアプリの仕様で、通話用較正ファイルはキャンセルされるらしいので、問題無く測定出来そうです。


            AudioToolsが、MicWのi437Lを、AudioCODECとして認識させる事って、そんなに難しい事じゃ無い気がするんですが、クレーマーみたくなるのも嫌なので、私はAudioToolsとi437Lの組合せで、伝送周波数特性を測定するのには使わないっ!て事で、結果報告でしたっ!!


            ちなみに決して測定マイクとして、このMicWのi437Lに問題がある!という事では無く、AudioToolsというアプリとの組合せに問題がある?!という事なので、お間違いの無い様にお願いします。


            また今回使った違うアプリってのは、OctaveRTAってアプリで、上位アプリのAnalyzerRTAって物だと、マイクのキャリブレーションファイルもあったり、いろいろな設定もあるようですし、AudioToolsが1/3octまでの表示に対して、OctaveRTAでは1/6octまで細かく見られるという利点もあるんですが、グラフの拡大や縮小が出来なさそうなのが、ちょっと難点です。

            やっぱりAudioToolsの方が、いろんなプラグインを導入すれば、多彩な測定が出来る事もあるんで、iOSのメイン測定アプリは、AudioToolsに軍配が上がります。

            このアプリではi437Lを使った場合、なんちゃってで見るツールかな?!と思って、今後も活用予定です。



            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

                    

            links

            profile

            search this site.

            others