映画館のスピーカ3。

0

     初代ROXYホーンは、あまりに巨大だったので、多くの劇場では使えない事から
    こんな変り種のスピーカもあった。
     Shallow type horn と呼ばれていたこのラッパには、2ケのドライバー(音が出る
    部分)を取り付ける事が出来た。

     上の写真が、そのホーンである。

    ROXYホーンに比べて格段に奥行きが短くなっている為、スクリーンの後にスペー
    スが小さい劇場にも設置する事が出来た。

    今でこそ当たり前のコーン紙を使ったスピーカは搭載されていない。
    このラッパにドライバーが付いたフルレンジシステムである。

    もちろん低音を再生する事は難しいのだが、この時代はトーキー出現前のシステ
    ムなので、音声の帯域が再生されていれば良かったのである。


    映画館のスピーカ4。

    0

        いつ頃の話か訳が分からなくなって来ているが、この辺りのスピーカまでが
      トーキー映画が登場したての頃の話。

       上の写真が現在のようなマルチウェイ方式のスピーカである。

       音楽を再生するという事で、ワイドレンジのスピーカが必要とされ1931年頃
      、こんなスピーカが登場する。

       設置していたのはERPIという、ALL Technical Serviceの前身に当たる会社
      である。 (脱線する度に時系列がメチャメチャになって申し訳無い)

       この頃からオープンバッフルではあったが、バッフルボードにスピーカが取り
      付けられている。(現在のTHXシアター仕様に近いからビックリである)

       音響システム的な目で見て、今と昔 何が違うか?!というと、パワーアンプ
      である。
       昔は今のような大出力な増幅器が無かった(真空管等を使った数10ワットの
      アンプで、いかに大きな音を出すか?!が求められた)。
       もちろん音質も求められ、このようなスピーカが登場した訳であるが、結果この
      ような、とてつもなく大型なスピーカになってしまった。


      映画館のスピーカ5。

      0



        ここまで来ると、だいぶ近年のスピーカに近くなってくるが、上の写真は1933年
        MGMのShearerシステムである。
        アンモナイトのような渦巻きホーンが、マルチセルラーホーンという蜂の巣のよう
        な、ツイ立てが付いたラッパになっている。
        かなり大きな劇場用スピーカで、JBLさんがMGMから依頼されて作ったスピーカ
        だ。
        低域にはLansing製15インチ(38cm)のユニットが採用されている。
         W字型オープンバックのフロントロードホーン形状で、出力の弱いアンプで駆動
        させても、音が遠くまで届く様な工夫を駆使して作られた。

         この写真は最も大きなシステムなのだが、スモールサイズのスピーカ システム
        も同様の考え方で作られ、1937年には映画芸術・科学アカデミー賞を受賞して
        いる。

         チャップリンの話は、この頃の事と聞いている。


        映画館のスピーカ6。

        0

            オーディオファンならご存知?!(だと思う・・・) アルテックと言えば、Voice Of
          The Theater! VOTTのA4の初代がこれ!!

           1946年頃には、既にこの形になっていた。
          低域のエンクロージャーボックスはフロントロードホーン形状にバッフルウィングが
          付いていた、また高域は8セグのマルチセルラーホーンが採用されていた。
           さすがにサイズは、まだまだ大きいが、この形で進化して1953年には業界標
          準機材としてシネラマドームに採用された。

           やっとVOTTまで来たので、古いスピーカはここまで・・・。


          海外の映画館。

          0

              映画の中心と言えば、良い意味でも悪い意味でもハリウッド!
            アカデミー賞受賞作品を決める為、作品を上映するという目的で建てられたのが
            ビバリーヒルズにある Samuel Goldwyn Theater!
             座席数は1012席と、映画館としては大型である。(だいたいシネコンのメイン
            館で500席程だから、およそ倍の収容席を持っている)

            1985年、AMPAS(Academy of Motion Picture Arts and Sciences) に
            設置されたスピーカシステムが上の写真になる。

            JBLの4675というスピーカがフロントに5台設置されている。 (15インチユニット
            2台入った低域ボックスが追加されている)

             何故5台なのか?というと、SDDS(Sony Dynamic Digital Sound) という
            フォーマットに対応する為である。
             写真ではスピーカがムキ出しになっているが、この前にスクリーンが設置される
            ので、こんな写真を見る事は少ない。

             この映画館は興行を目的とした上映は一切されていない。
            純粋にアカデミー賞受賞作品を決める時だけ上映される劇場である。
            日本人の感覚としては、とても勿体無い感じがする。



            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

                    

            links

            profile

            search this site.

            others