年末から家のネット回線が遅い?!

0


    お家のインターネット回線は、6年程前からeo光さんなんですが、最近回線スピードが遅いのか?!HuluやYouTube動画が時々止まるという症状が頻繁に起り、大元の回線をNURO光に替えてみようか?!とも検討していました。


    NURO光等の他事業社と契約にするのに、一番懸案だったのが、eo光ネットと同時に、eo電気,eo光電話,eo光テレビも契約していて、それらがどうなるか?!という事で、eoさんに問い合わせしたら、ネット回線の契約が無くなっても、個別の契約は可能との事でした。

    但し回線と同時契約の割引きが無くなるので、料金的には上がってしまうとの事。


    ひとまず、ちょっと調べてみます!


    eo電気は、些少ですが電気料金の2%が、ネット同時契約で割引きになっているらしい…。

    光電話は、ネットと同時で付加料¥1,142-の全額が割引になってるようですが、光回線をNUROに変えるなら、月額¥500-で付加出来るし、eo電話でも¥314-のアダプタ使用料は掛かっているので大きな増額は無し。

    問題はテレビで、eo光テレビには地デジ/BSコースってのがあって、元々家に設置してあったアンテナは外して、光テレビにアンテナ線を切替えているんですが、こんなコースがあるのって、CATV系のネットサービス会社しか無いのか?!もしNURO光に変えるなら、アンテナを再設置するか?!eoテレビのみ単独契約を続ける事になります。(料金的には、単独だと¥1,980-上がってしまいます)

    最後に、携帯電話はauさんなんですが、コチラにeo光ネットとの同時契約で、スマートバリューという割引があります。(1回線辺り、最大¥1,000-割引されますが、今我が家の携帯プランだと、¥1,000-〜¥2,000-の割引になるようです)

    NURO光でもSoftBank携帯なら、同じような割引きがあるので、eo光ネット+SoftBank携帯を契約の方は、NURO光に切替えると、携帯電話料金も割引きなります。(eo光テレビの契約は無くて、携帯がSoftBankなら、NURO光に即変更していたかも?!)

    NURO光の場合、集合住宅にお住まいの方は、eo光と比べてもハードルが高いようですが、一戸建てにお住まいの方なら、基本サービスエリア内で、現状光回線が入っているお宅なら、大丈夫な事が多いようです。


    料金的には、こんな感じ…。


    電話がNURO光に変更で¥186-増,光テレビがeo光のままで¥1,980-増,電気料金が2%増,携帯料金が¥1,000-〜¥2,000-増。(eo光ネットを解約すると、最低でも¥4,166-と電気代2%が増になります)

    NURO光は、去年年末にお得なキャンペーン適用の申し込みだけしたので、初年度は¥980-になり(eo光ネットの月額¥5,440-から、¥4,460-減)次年度以降は、ネットのみでNURO光は¥4,743-になり、¥698-の減で、トータルすると今のeo光から次年度以降は月額¥3,468-の増額になるので、回線が速くなる可能性に掛ける金額としては、ちょっと悩ましい?!という結果です。


    現状の回線スピードが遅いというのも、大元のネット回線が遅いという理由だけでは無さそうで、eo光ネットさんに申告したら、無料で多機能ルーターなる物を貸し出すので、一度試して欲しい!との事。(いわば引き留め工作に合ってしまいました)


    WiFiシステムも、現状AppleのAirMac Time Cupsuleというのを介していて、電波状態も決して良好では無いので、メッシュWiFiのシステムも増設し、スイッチングハブもギガ対応の物で16ポートの物に変更する用意はしているので、コチラの変更及び、今付いている有線ルータから、eo光の多機能ルーターに変更して、一旦様子を見ようと思います。


    続きは次回!!



    Amazon.comに注文!

    0


      今回、日本のAmazonに限らず、探しても見つからなかった物を、Amazon.comで見つけたので、米国に注文してみました。


      糖尿病のセンサーを付けるよう病院で処方されているのですが、このセンサーの粘着に負けてカブレるので、どうすれば良いのか?!悩んだあげくの事で、病院の看護師さんとも相談して、防水フィルムやポリマークリームの使用等、出来る事はやってみたんですが、結局の所、全く改善しないので、二の腕は傷だらけになってしまいました。


      もう藁をも掴む思いで、粘着に負けているなら、センサーの粘着をガーゼ等で無効にしてしまって、上からテープで押さえる形にすれば、少しはマシかも?!という事なんですが、このセンサー対応の上から貼るテープが米国にはあるものの、日本国内での取り扱いが無い為で、Amazon.comに注文!!


      最初に注文した物は、途中で紛失されたようで届かず、再注文しました。(最初は、一番お安い送料オプションを使ったのですが、今回は少しグレードアップしたオプションを使いました)


      それで、5日程で無事届きました。



      日本でも見慣れた封筒型の梱包っ!!

      開封テープに「TEAR HERE」と英語の文字!


      送り状には、LEXINGTON , NY US、と書いてあるので、ニューヨークのアマゾン倉庫からDHLで出荷されたよう…?!


      粘着に負けているなら、センサーのアームバンドなら粘着剤は使わないので、上から被せて貼るシールと合わせて購入しました。


      届かなかった物は、Google翻訳を使って、注文番号と「届きませんヨ」とメールしたら、空港で紛失されたようなので、カード決済で返金します!との事。


      取り合えず、来月処方されたセンサーで、試してみようと思います。


      送料オプションは、一番お安い物じゃ無くて、1ランク上げた方が良さそう?!(値段も数百円しか変わらなかったですし…)


      Amazon.comに日本から注文したら?!という記事でした!!



      電動自転車のスポーク折れ。

      0


        娘が乗ってる電動自転車(ヤマハパス シティーX)の話。


        電動自転車に乗っておられる方で、スポーク折れに悩んでられる方も少なからず、いらっしゃると思います。


        実際、家の娘も通勤で片道4〜5kmの道のりを、毎日電動自転車で通っております。


        先日、乗っていてフラフラするので、通勤途中の自転車屋さん(大手チェーン店)に持ち込んだ所、後輪のスポークが5本程折れているとの事。

        スポーク折れの修理は、今回で3回目だそうで、今までメーカー純正品のホイールを組み替えるという修理を、行ってもらっていたらしく、費用は3万円ほどっ!!との事…。



        見難いですが、コレらが折れています。


        実際、ウェブで検索すると、かなり多くの方が、このスポーク折れに悩まされていそうで、だいたい2万円〜3万円は掛かる?!との記事を数多く見つけました。


        そこで、同じ純正品ホイールの組換え修理をしてもらっても、また壊れる事が予想されるので、今回いろいろ調べて、違う修理をしてもらった方が良いのでは?!と思い検索すると、純正品の28本スポークのホイールを、36本スポークの物にしたり、スポーク自体の太さを1番手太くしたり、リム(輪っか)を少し太くしたりすると耐久性が増す?!との記事を見つけ、地元京都の自転車屋さんに片っ端から問い合わせしてみました。


        普通の自転車なら、そのような修理をする事もあるが、電動自転車なので、メーカーの仕様変更をすると、安全面で保証出来ない!や電動補助機が付いているので、法令違反になる?!等、ウソかホントか?!いろいろな理由を付けて、問い合わせした自転車屋さん、全てに断られ続けました。

        (もちろんこの自転車を購入したお店にも問い合わましたが、同様に断られました)


        ちなみに、電動っ!という理由で、タイヤも純正品でしか交換修理してくれないお店が多いらしく、娘曰くタイヤも持って3〜4ヶ月との事で、コチラも純正ホイールに付く肉厚タイヤなる部品が適合する事を知り、タイヤは得意のアマゾンで調達しました。

        (法令違反になる?!というのが、少し心配だったので、メーカーのヤマハに、純正品でしか修理してはダメ!という制限があるのか?!と直接サポートセンターに電話して聞いてみた所、「推奨は出来ないが、特にカスタムホイールへの交換も、純正品以外のタイヤを装着しても、何の法令に抵触すると仰っているのか?!分からないが、特に問題は無い! ユーザー様と自転車屋さんの責任下に於いて、対応下さい!」と、想像していた通り、当たり前の回答!)

        お友達だと思っていた某自転車屋さんに、お話をお聞きするも、スポーツ車の取り扱いしかしていないので、工具も無いし、部品の取り寄せも出来ない!と断られ、結局平たく言うと、適合パーツを探し出して取り寄せたり、ホイールを組み上げるのが邪魔臭いので、皆さんやりたく無い!という事なんだろう?!私なりに理解しました。


        そこで引き下がって、やっぱり純正品に交換!?と諦めるのは出来ない性分なので、なんとしても希望通りの修理をやってもらいたい!と、自転車の修理もする近くのバイク屋さん(あおぞらオートさん)に相談し、娘の自転車を持ち込み、私が部品を手配して、取付け修理をしてもらう事は可能か?と聞いてみました。(持ち込み部品の取付け対応もするし、その方が部品間違いの責任も無いので、逆に有難い!との事で、今回快く受け入れて下さいましたが、そんなお店は少ないかも?!)

        *注ーただ基本はバイク屋さんなんで、技術的には出来るけど、あまりややこしい修理は協力店の自転車屋さんに任せる?!との事。


        先述のカスタムホイールを組んで修理されているお店(横浜のバイシクルショップ ビショップさん)に電話で問い合わせして、組み上げた部品を発送する事も可能か?と伺った所、コチラも快く対応下さるとの事。(コレも実車を見ないと、適合部品が分からないし、返品も受けられないので…と、断られるお店が多々ありました)


        修理が完成した自転車はコチラ!!

        (ホイールが黒からシルバーになって、前後色違いになったのが、ちょっと残念…)



        掛かった費用は、カスタムで組んでもらったホイールの価格が、振込手数料と送料込みで、¥24,000-程,タイヤ2本が¥4,550-,取付け工賃含め総額で¥35,000-程掛かりましたが、京都(大手チェーン)の自転車屋さんで修理してもらうと、純正品ホイールの取り替えで¥30,000-,純正品の前後タイヤ交換で¥10,000-弱程(税抜)掛かるらしいので、手間は掛かりましたが、料金的にも安く直りました!!

        ちなみに修理時間も、その大手自転車チェーンでも、2週間は掛かると言われていたので、ほぼ同期間で完了しました。


        タイヤは今回装着したタイヤを、予備として買い置きしておいて、パンクしたら「あおぞらオート」さんで、持ち込み交換してもらう事にします!(コレもOKとの事!なんと良心的っ!!)


        ちなみにタイヤはコチラ。


        http://www.shinko-ltd.co.jp/bicycle/city/index.html 


        コチラのSR154で、サイズは20×1 3/4 W/O。


        「電動!」という免罪符を使う自転車屋さんが多いと、娘から聞きましたが、そんな物は無いらしいので、少なくとも純正品より丈夫だと思われるタイヤを装着すれば良いと思います。


        コレで果たして耐久性が増して、長く乗れるのか?!は現時点でなんとも言えませんが、ビショップさん曰く、ホイールは格段に強度が増すらしく、取り合えず私の希望通りの修理はしてもらえたので、何かまた問題が発生したら、リポートしたいと思います。


        ちなみにスポークやリムを太くするのは、車種に適合する部品が無く、加工が必要!との事で、本数だけが36本になりましたが、それでも耐久性的には、かなり強くなっているハズ?!との事でした。




        スペーシア号の音響再調整。

        0


          先日来からパワーアンプ交換等、ちょこちょこ触っている当社デモカー兼家用車のスペーシア号!!


          実はアンプ交換する前から、女性ボーカルの辺りが少し強く出ていると感じていて、アンプを交換してから、その症状が顕著になり、ゲインバランスが崩れたのかナ?!と気になったので、仕事と私用の合間を見て再調整する事にしました。


          サクッとマイクセットをして、確認チェックしてみると、案の定1kHz周辺が出過ぎてました(私の聴覚が正しかった?!)


          アンプ交換をしてゲインバランスが崩れただけじゃ無く、スピーカーエイジングの問題もあったのかも知れません。


          今回のスペーシア号に限らず、私がヤフオク等で中古品のスピーカーを物色して取付けているのは、導入価格を抑えたい!という理由だけで無く、このエイジングがソコソコ済んだ物の方が、安定して使えるかも?!という理由もあるのですが、やはり元々出難い音程のあるスピーカーだと、その部分をイコライザーで上げたりする事で、そもそもそのスピーカーが持っている特性が引き出される?!というエイジングもあるので、そんな理由で今まで、イコライザーで1kHz周辺を若干上げていたんですが、フラットな状態に近い所まで戻しました。


          新品のスピーカーをお付けの方は、このエイジングによって、音程レスポンスが変わる事は更に顕著になるので、当初が推奨している音響調整「松コース」最初の調整後、再調整1回の技術料は無料!というのは、正当性があると再認識しましたっ!!


          バタバタと調整して、サッサとマイク他調整機材を片付けてしまったので、例によって写真を撮り忘れて、残念ながら特性をお見せする画像は無いのですが、調整したプロセッサ(audison BitOne)の設定画像はコチラになります。

          下の画像は調整前の画像です。



          右側スピーカーの設定画像ですが、コチラが顕著で、1kHz周辺を、上げた状態で特性が合っていました。


          続いて再調整後の画像です。



          1kHz周辺だけじゃ無く、ちょこちょこ触っていますが、イコライザーをフラットに近い状態まで戻して、特性が合っています。

          (中古で購入したスピーカーは、この部分が出難い状態だったのが、イコライザーで上げて半年使ったら、本来の特性になった?!という事だと考えます)


          このように、プロセッサ等をお付けになっていて、導入時に調整してもらった後、放ったらかしになっている方は、是非一考下さいます様、ご提案申し上げます!!


          ちなみに最初の調整は済んでいて、再調整の必要が無く、シングルマイク調整で良い場合は、技術料2万円の「竹コース」(交通費経費別途)もあります。



          モバイルスピーカーの修理。

          0


            今日、いつもお世話になっている散髪屋さんから、「こんなの直ります?」とモバイルスピーカーを預かってしまいました。



            なんかバリバリ言うそうで、無理ならまた用立てるけど…と仰る中、一度見させてもらいます!と、作業場に持って来ました。

            (なんか私が、JBLファンにしたみたいで、こんなのまで、しっかりJBLのロゴがっ!)


            何をどうしたら分解できるのか?!も分からないまま、ネットで検索っ!!


            裏の枠みたいなのを外したら、ネジが見えるそう?!って事で、接着剤のブチるゴムと格闘しながら、やっとの事でスピーカーまで辿り着きました。



            見てみると、スピーカーユニットはバリバリ言う要因では無さそうで、コレは基盤上の何か部品が壊れてる??


            見た感じ、以前も記事にしたカー用アンプのように、特に何かの部品が燃えている様子も無いので、基盤上で接触不良が起きている??

            半田コテを当てられるような基盤じゃ無いので、一応パーツクリーナーでプシューっとやってみて、シリコンスプレーで絶縁効果を狙ってみますかぁ〜?!と、なんとなく作業した後、組み立てて様子を見ましたが、残念ながら直りませんでした!?


            コンデンサとか部品交換出来れば直るかも?!


            すいません!? 私の力不足で…。



            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

                    

            links

            profile

            search this site.

            others